欧州最高峰エイブルース(5,642m)

2016年末
挑戦第三弾南米最高峰アコンカグアにあっけなく敗退したおれ・・・
↑クリックしてね。


PC271621.jpg


2015年、時差ボケを抱えたまま登ったイリニサノルテ(5,126m)は、苦しかったけどそれなりに登れた。


厳しい高山病で一度は撤退したものの現地滞在中にリベンジを果たせたカヤンベ(5,790m)。


でも、アコンカグアではBC(4,300m)で足止め、そして強制下山。



考えられる理由はいろいろあるけど不完全燃焼で帰国したおれ・・・


161225 (8)



すぐに2017年末のアコンカグアリベンジを発表したけど、それだけでは物足りないっ!


そこで、アコンカグア達成後に予定していた

第4弾西欧州最高峰シャモニー・モンブラン(4,810m)
第5弾マッターホルン(4,478m)


を変更する事にしました。




つぎの山は、


欧州最高峰エイブルース(5,642m)




この山はスキー場のリフトが利用できたり、ある区間だけ雪上車が利用出来るそうです。

しかし、よく勘違いされるのですが、高所に関して言えば、楽して標高の高い場所まで行けても



全く意味がないんです。



例えば、海抜0mに住んでいる日本人が、どこでもドアで標高7,000mに行ったら数分で失神しちゃんです。



以前、エクアドルの高所に挑戦した時もそうでした。

避難小屋や最終キャンプ地のある4,500mからカヤンベ山頂の5,800mまで高低差1,300m。

これなら日本で登る時の高低差と変わらん♬って思ったけど全く別物でした。

標高差1,000m登るのに13時間も掛かって、登頂すら出来ず5,500mから撤退してますからね。



恐怖!5,500mの壁は、←をクリック。



エイブルースでは雪上車を利用する方が高度順応に向けた計画の立案が難しいと感じています。

因みに、雪上車を利用すると登りで約4時間短縮できるそうなので、体力的メリットは大きいです。



『高度を上げる、下げる、滞在する。』



この計画を練り、うまく順応することが年末のアコンカグアへの経験値にもなると考えました。



西欧州最高峰シャモニー・モンブラン(4,810m)のワンランク上。

いろんな意味でも6,000m峰と同等レベルと言われているエイブルースに単身で挑戦してきます。



引き続き応援よろしくね!




次回、ロシアVISAを個人で取得する方法は、←をクリック。

...
プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: