スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挑戦第三弾リベンジ 達成

前回、蘇る恐怖・・・氷河ルート敗退は、ここをクリック。


昨日の撤退から、ずっと考えていたこと。
もう一度、氷河ルートに挑むのか、ノーマルルートに変更するか。


ヤマテンの猪熊さんから届いたメッセージ。
『体調がよくてよかったです。但し、そんな時が一番危ないのです。自分の身体、心や山との対話を行ってください。』

氷河ルートの登頂成功率は3%。
おれの滞在期間の天候を考えると明日が最後のチャンス。


登頂達成を最優先に考えると答えはすでに決まっていた。


ノーマルルートに変えよう。


早朝3時にC3を出発。
まだ、だれも出発していないけど、歩くことが遅く、時間の掛かるおれは少しでも早く出発して、その遅れを補わないとだめ。。。


登りだして3時間、夜が明けてきた。


171229 (5)
▲アコンカグア近辺にある名前も知らない5~6,000m峰も美しい。


出発して5時間半。
突風が吹く中、目の前に現れたのは、難所の1つ大トラバース


PC293680.jpg
▲これは下山時に撮った写真。トラバースとは名ばかりで、しっかりと上に突き上げた道


ザレていて1歩踏み込むと5歩くらい下がるような道で、体中の酸素と、脚力を奪いにくる。
崩れる前に次の足を出さないとホントに進めない。

たかだか500m程度のトラバースに2時間くらい費やしクリアした。


大トラバースを抜けると難所2つ目。

グラン・カナレターが現れる。



171229 (8)
▲大抵の登山者は、大トラバースを抜けると力尽き、大休止する(笑)


山頂直下まで、ザレた道が突き上げる。
まさに心臓破りの急登で大抵の登山者がこの難所でアコンカグアの洗礼を受け、振るいにかけられる。

実際、大トラバースを抜けて、グラン・カナレターを前に引き返した登山者が何人も居たし、もっと言えば、C3と大トラバースの間には、ほとんど使われていないC4(インディペンデンシア)が存在するんやけど、ここにたどり着けない登山者や、たどり着けても大トラバースを見ずに引き返す登山者がたくさんいた。


引き返す登山者のほとんどが、ルートの難易度が原因なのではなくて、高度順応の失敗が原因。


とにかく空気が薄く、全力で体力を奪いにくる。




171229 (12)
▲標高6,500mでこの急登(しかもザレている)は過酷のひとこと。。。


171229 (10)
▲太陽も高く登り、容赦なく照り付けてくる。


171229 (11)
▲上から見たグラン・カナレター


グラン・カナレターに取り付いて2時間。

すでに山頂を踏んで下山してきた登山者が、


『タカ、見ろ!山頂はあそこだ!』

『おまえは行ける!』


って、声を掛けて下山していく。
でも、そんな簡単にペースが上がるわけがない。

空気が薄く、酸素がほしい。

苦しくて苦しくて数歩進むと休む、の繰り返し。
でも、動きが遅く、疲労感があっても心は折れていない。



あと少し・・・


あと少し・・・



そして、ついにその瞬間が来たっ!


2017.12.29  12:37 その日、11人目の登頂者(単身では1番乗り)となることができた。
今回の苦労話だけでなく、昨年からのことが一瞬で頭の中を駆け巡り、恥ずかしいけど涙が止まらなかった。
でも、涙が出ても酸欠という、容赦ない環境に笑えてきた(笑)



171229 (22)


171229 (13)
▲南壁も見えます。


ノーマルルートは簡単??

ふざけんな!

大トラバース、グラン・カナレター、だけでなく、そもそも山頂はデスゾーンの7,000m。
そこを目指す登山は各所で身体中の酸素を奪い、足と心臓を破壊してくる【過酷】の一言に尽きる。

〈詳細〉
日本から17,000km
登山口からの総移動距離:65キロ
滞在期間:13日間
累計標高:7,262m
酸素量:地上の47%
登頂標高:6,962m(デスゾーン)
登頂ルート※:ノーマルルート(登頂成功率16%)
※アコンカグア総登頂成功率20%(ノーマルルート:16%、ポーランド氷河ルート:3%、南壁ルート:1%)


8,000m峰14座を無酸素で登頂した有名な登山家:竹内洋岳さんは、8,000m峰10座目の挑戦として挑んだガッシャーブルムⅡ峰(8,035m)の6,900m付近で雪崩に巻き込まれました。
隊員2人が死亡し、竹内さん自身も背骨の破裂骨折、片側の肺破裂、肋骨を5本折るの重傷を負ったんですが、そんな竹内さんが言ってました。

『あの時、いろんな人のチカラによって降りて来た。しかし自分の足で降りて来てないと言うことは、山の中で死んでなきゃいけない。でも死んでもいないのに降りて来ている。これは私の登山ではあってはいけない。登山は自分の足で降りて来てはじめて登山。山頂に立てなくてもあの場所(事故のあった場所)まで行ってこの足で降り直したい。』と。

昨年、アコンカグアに挑戦したおれはいろんな原因はあるにしろ、4,300mのBCから撤退した。

メディカルの医師、メンドーサ観光局、アルゼンチン軍、いろんな人のチカラで降りてきた。

大好きな植村直己さんの言葉
『冒険とは生きて還ること。』

171229 (24)



自分の足で降りて来れなかったおれはあのまま死んでないとだめ。

大袈裟で分かってもらえないかもしれないけど、メディカルチェックが無かったら、血中酸素濃度41%と言う死人同然の身体のまま無理して先に進んでいたと思う。

そしてきっと死んでいた。

今回の再挑戦ではアコンカグアの山頂に立ちたいのが本心。
でも、たとえ山頂に立てなくてもあの場所に戻りこの足で降りたい。
そう考えていたからリベンジの炎は消えなかった。

『なんで?なんでそんな危ないことを?死んぢゃうよ?』

よくそう言われました。
でもおれは〝死〝なんて絶対に言わない。
絶対に。
だって、昨年のアコンカグア、一昨年カヤンベで圧倒的な死を身近に感じて〝生〝を知ったから。
死にたくない!って心の底から思ったから。

去年の言葉、覚えてますか?
『山頂に着いたら何か変わってるかな?』
「何かに挑戦しようとした時すでに変わってる」

「なぜこんなことをやるのか?」ってよく考えます。

ただ、大きな挑戦を決意した時、必ず新しい出会いがあって、おれだけにしか開かない世界が開くんです。

そして奇跡を起こす。

夢が叶う人はわずかかもしれない。
でも、夢が叶う瞬間は、実は夢が消えてしまう瞬間。
だから、本当は、夢に向かって挑戦している時が、一番幸せな時間。
夢を持ち続ける事が一番幸せなんです。

どんな事もやればできるよって事を伝える事が出来れば…
そんな事をどこかの誰かに伝える事が出来れば…
あの時の小学生に恩返しができる…
そう思ってます。(←かなりマジ)

ってことで、
挑戦第三弾リベンジ
南米最高峰アコンカグア単身登頂!達成
でございます♬

ヤマテンさま
年末の忙しい中、ありがとうございました。電話掛けて声聞けてとても心強かったです!
3月神戸の講習に伺いますね。

ウェック・トレックさま
極地、高所でも交信できる衛星電話は素晴らしすぎます。
たくさんのメッセージが宇宙を経由して届きました。
ありがとうございました。

ビジョンさま(global Wi-Fi)
アルゼンチン、チリだけでなくBCでもWi-Fiを拾えました。
世界各国におけるネット環境のご支援ありがとうございました。

171229 (21)


HCSさま
アコンカグア仕様のテントは、凶暴で有名なアコンカグアの風でもビクともしませんでした。
おかげで安心して熟睡できました。ありがとうございました。

mont-bellさま
ウェア、浄水器、ザックなどたくさん提供していただきありがとうございました。

ANAさま
今回も無償で席をUPグレードしていただきありがとうございました。
疲れを溜めず挑戦に集中できました。
ありがとうございました。

171229 (23)

ラックスさま(fungoal)
標高約7,000m、マイナス30度のデスゾーンでも耐えた素晴らしいワッペンでした。
ありがとうございました。
帰国したら追加で製作してください♬

岡口屋さま
ご支援ありがとうございました。
帰ったら顔出しますね!
カニのフルコース食べたいです(笑)

イワタニ・プリムスさま(ザンバラン、ドイター)
一年遅れのご報告となりましたが達成できました。
ありがとうございました。

金銭支援をしていただいた方々(10人の皆様)
金額に関わらず他人の夢に大切なお金を支援する事はとても大変な事だと思います。
本当に本当にありがとうございます。
まだまだやります!
また私の夢に乗っかってご支援頂けると嬉しいです。

美サンゴのみんな
やったよ~♬
6月に会えるの楽しみにしてる!

見送りに来てくれたみんな(かお、やもさん、ミヤモ、宮台さん、ヒト、ねぇねぇ、むつみ、走、出張で来れなかった嶋さん)
ホント、会えるのは毎回数分なのにその為にわざわざ顔を見に来てくれてありがと!
一年遅れやけど達成!

お守り買ってくれた方々
全部まとめてぶら下げてます。
↑これホント(笑)
鞠、ブーツ、カエル、腕輪はザックにつけてます。
ありがとうございました。

バイク仲間
応援とつまらないどうでもいい(←褒め言葉)メッセージありがとう。
帰ったら、はからんとこで宴頼むで!

衛星電話にメッセージをくれた方々(159件)
疲れていても読むのが楽しかったです。
でも、ほとんどの人が名前書いてくれてないので今だに誰からかわからん(笑)
ありがとうございました。

その他たくさんの方々
応援ありがとうございました。

あっ!最後にやらしい話ですが、ご支援頂ける企業様、個人さまを募集してます。
ご紹介も大歓迎です。
HP、広告作ってあげる!って方も大歓迎です♬
ぜひ、メッセージ下さい。

では、良いお年を!
本当にありがとうございました。
adiós!

#グローバルWiFi #GOBEYOND #イワタニプリムス #iwataniprimus #fungoal #岡口屋 #モンベル #montbell #ヤマテン #ウェックトレック #プロモンテ #puromonte




スポンサーサイト
プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。