スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANAサンゴ再生PJ

二回目の参加となる今年は、天候もよく最高の日和っ!



去年のようすはこちら

参加の確定連絡を行っていないことを前日に知り少し焦りましたが、ANA総務の石橋さんが現地に連絡を入れてくれたおかげで無事参加できることとなりました^ ^


この活動は、美らサンゴのHPを見るとすべてわかると思います。


美らサンゴHPはこちら



ダイビングセンターのスタッフから今日のスケジュールと注意事項の説明を受けた後、活動開始。



☆かたやんの旅ログ☆


集合写真では、”笑む・英知・愛”活動の旗も一緒です。


☆かたやんの旅ログ☆


富士ゼロックスのバーチャルハリウッドという活動に参加したとき、一緒に参加していた全日空の方から話を聞いてずっと参加したくて・・・で、念願叶ったのが昨年でした。


今年で二回目の参加なので、サンゴについてのことや、今地球で起こっていることへの説明もすんなり頭に入ってきました。


☆かたやんの旅ログ☆


養殖水槽では、近々植えられる?サンゴが育っていました。



☆かたやんの旅ログ☆



サンゴの説明を受けた後、一本目の潜水です。
これは、海底の確認と、植えたサンゴの状態や海で養殖しているサンゴを観察することが目的です。



☆かたやんの旅ログ☆


オニヒトデや海水温上昇の影響で白化していくとこんな感じになります。



☆かたやんの旅ログ☆


サンゴの中にはちいさな魚がたくさん住んでました。



☆かたやんの旅ログ☆


船に上がってから気付いたのですが、”笑む・英知・愛”活動の旗を流してしまいました。。。


今日はタイミングよくわが社のお客様である”沖縄電力”のCM撮影も行われていました。



☆かたやんの旅ログ☆


昼の休憩を挟んで、これから行うサンゴ植え付け方法の説明を受けました。



☆かたやんの旅ログ☆


さて、船に乗り込みエントリーしたらっ!!!
なんとっ!旗見つけましたっ!!


☆かたやんの旅ログ☆


この旗は、南極点にも行った旗なので無くしたとなったら大事でしたが、日ごろの行いのおかげですねっ!

サンゴの植え付けている雰囲気伝わりますか?



☆かたやんの旅ログ☆


☆かたやんの旅ログ☆


植えつけたサンゴには、認証番号が付けられて数年管理されることとなります。



☆かたやんの旅ログ☆


なので、自分で植えたサンゴの成長はHPからも知ることができます。

植えつけたサンゴは、大きく成長するまでヒトデなどの影響を受けないように網で囲って保護しています。

こんな感じで植え付けを終えます。



☆かたやんの旅ログ☆


☆かたやんの旅ログ☆


植え付け終了後は、参加者みんなでBBQっ!!



☆かたやんの旅ログ☆


漁師さんの激ウマ差し入れの刺身や、もずくや


激ウマステーキなどなど。




この方は、やつさん?と言って定年した数年後にライセンスを取得して海を楽しんでいるんです。

※情報間違ってたらごめんなさい!!(笑)



☆かたやんの旅ログ☆


こういう人生を私も送りたいと本気で思いますっ!まじで、目標です。

中盤になると自己紹介も兼ねた活動についての思いを話しました。



☆かたやんの旅ログ☆


ANA総務の石橋さんと!!



☆かたやんの旅ログ☆


ブラジル人のジミーちゃん。



陽気なスタッフが対応してくれるんでみなさんもぜひ!!


ここで少しお知らせです。

サンゴの仲間たちが沖縄で独立したそうです。


Lagoon -ラグーン-

URL:http://www.lagoon-daiving.com

TEL:098-966-2818


※かたやまの紹介と言えばサービスしてくれるそうなのでこちらもぜひ利用して下さいね。






プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。