スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100:宮之浦岳(elev.1,936m)

この日は、縄文杉組と宮之浦組に別れて行動。

オレは前回(屋久島2回目)、強風と濃霧で九州最高峰宮之浦岳を登頂したものの、何の感動もなかったので、再度アタックすることに。

「最高峰の宮之浦岳はほぼ島の中央を占め少し距たって(へだたって)永田岳、黒味岳が立っている。いずれも1800メートル以上を算するが、それ以下になると無数にある。だから海上から望むと島というより、大きな山が海の上にそびえているように見える。宮之浦岳は屋久島の最高峰である。宮之浦岳の頂上に立った。見渡す限り山ばかりで、その山の向うは海である。今までどこか深い山の中を歩いている気がしていたが、頂上から取り巻く海を眺めて初めて海の真ん中にある島にいるのだと悟った。(日本百名山:深田久弥)」

宿を出て、まずは白谷雲水峡(もののけ姫の舞台)から縄文杉を狙う、4人を登山口へと運びます。

☆かたやんの旅ブログ☆

そして、オレを含めた残り2人で、宮之浦岳を狙うため淀川登山口へ。

☆かたやんの旅ブログ☆

しかし、ココでまたまたトラブルッス。

☆かたやんの旅ブログ☆


パンクです。



なんでやねん!


って、急いでスペアに交換するのですが、よくみると4本ともワイヤーが出てます。
しかも、工具は錆びててジャッキUpも出来ません。
早く登山口に行かないと車停めるところがなくなっちゃう・・・、ピット作業のような緊張感でなんとか交換完了!


☆かたやんの旅ブログ☆


登山口に着くと案の定、すでに満車・・・元々5台くらいしか停めれない場所なのです。
せっかく早起きしたのに・・・と、思いつつ少し下ったところに停車して、準備開始。


のぼり始めてみると、天気もよかったし、気温も適温で最適でした。
今回は疲労度がまったく違います。てか、景色を見ながら歩いてるとあまり疲れません。


☆かたやんの旅ブログ☆

結局、往復7時間でクリアしました。

縄文杉組はもうしばらく下りてこないので、先に町に戻って所用を済ませます。

ここでプレミア焼酎”三岳”を買います。


☆かたやんの旅ブログ☆



その1時間後、やっと縄文杉組から連絡が入りました。
シャトルバスの到着を待って、全員合流です。


☆かたやんの旅ブログ☆


そのまま、疲れを癒すため、島民の隠れ温泉に向かいました。


☆かたやんの旅ブログ☆


GWということもあって、若干人が多かったですが、ゆっくり出来たのでよかった。

次は、食事です。居酒屋”やしま”で宴です。
とびうおの刺身が最高にうまい!


☆かたやんの旅ブログ☆


ってか、毎回思うけどすべての食事がおいしいのは、この”やしま”だけだと思う。

ほかの店をあまり知らないけど、困った時は、この店を選ぶと間違いなし!

安房のバス停から徒歩1分。この近辺では誰に聞いても知ってます。


☆かたやんの旅ブログ☆


腹も満たされ宿に戻って、すぐに寝ました。


ポイント:

・ 岩川米穀酒店と,やしまは安房にあります。

・ 繁忙期の縄文杉コースは自家用車の乗り入れができないのでシャトルバスに乗る必要があります。

・ シャトルバスのチケットは港などで早い目に予約し買いましょう。

・ 宮之浦にある島民温泉は肌がつるつるになります。

プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。