死にかけDieビング

今日もダイビングに行ってきました。

昨日よりも天気も良くて晴れ間も見れます。
今日こそは、ハンマーの大群に会えますように。。。

準備をして潜行開始です。

☆かたやんの旅ログ☆

しかし、昨日と同じくなかなか耳が抜けません。
ちょっと無理して耳抜きしたら”トゥ~ンッ”って耳の中で音がしました。

ちょっと違和感を感じたけどそのまま潜行したのですが、水深23mでそれは起こりました。

耳の中でまた”プツッ”とちいさく音を立てたかと思うと、急に周りのみんなが渦を巻いて回り始めました。

全員ですよ・・・全員が回り始めたのです。
俺が吐いた空気の泡も全部回り始めたんです。

これはおかしいと、すぐに海底を見ました。
すると、海底も同じ方向にすごい速さで回ってます。

普通、海流で人間だけが回っている場合、海底は反対方向へ回ります。
クルマに乗っていて景色が進行方向と反対に流れるのと同じですね!

しかし、海底も同じ方向へ回っているのです。
つまり、おれの感覚が麻痺しているのです。

慌てないと、自分に言い聞かせ、インストラクターの希ちゃんに合図を送ります。

すぐに異変に気付いて近づいてきました。
その頃の俺の感覚は”回る”からどんどん海底に”沈んでいく”感覚に変っていてついつい足を漕いでします。

ゆっくり呼吸を…の、サインも理解できるけど安全停止の水深までたどり着いたときには頭がぼーっとして上下も解らず、一気に疲労感が…。
と、同時に鼻血も出てきてマスクの中が赤くなってきました。

原因は鼓膜が破れて水が入り、三半規管が麻痺した可能性が高いみたい。

帰って病院に行こう!!っと。

ダイビング暦の浅い人はこれが原因でパニックを起こして逝っちゃうのでホントに注意が必要です。
ちゃんとハンマーヘッドも見れてないし、また与那国島に来る理由が出来ました。

助けてくれた希ちゃん

☆かたやんの旅ログ☆

おかみのみどりさん

☆かたやんの旅ログ☆

宿で出会った中川さん

☆かたやんの旅ログ☆

昆虫(特にふんころがし)博士のふんころがし先生

☆かたやんの旅ログ☆

☆かたやんの旅ログ☆

いろいろ話して本日も終了。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: