FC2ブログ

【新聞掲載記事】後遺症と戦い7000m級登山へ(神戸新聞:2019.7掲載)

前回、”【ウェブマガジン掲載記事】しなきゃなんてない”はここをクリック。


20190706.jpg


交通事故で意識不明になり、左腕に後遺症がある兵庫県姫路市の会社員片山貴信さん(44)が7月下旬、中央アジア・キルギス共和国のクーヒ・ガルモ山(標高7134メートル)への単身登頂に挑む。これまでにヨーロッパや南米の最高峰を制覇してきた片山さんだが、7千メートル級への挑戦は初めて。「応援してくれる人が増えてきた。課題に挑む姿を見せ続け、少しでも苦しんでいる人の励みになれば」。挑戦を前に気持ちを高ぶらせる。(谷川直生)

 片山さんは20歳の時、バイクで転倒する事故を起こし、約10日間意識不明になった。左足と左腕の骨は粉々に砕け、医師からは「二度と動かない」と宣告された。だが腰の骨を左腕に移植するなど約30回の手術とリハビリが奏功し、約15年かけて左手で洗顔できるまでに回復した。
 登山は軽い気持ちで30代後半から始めたが、見る見るうちにのめり込んだ。2015年に登った長野県の岩山。腕の力が入らず、断崖にぶら下がりながら進み、山頂に立った時、達成感に涙がこぼれた。「治らないと言われたけがを克服したから、山頂に立てている。今が楽しかった」。


180820 (69)


 同年に海外登山を始め、17年には欧州最高峰のロシア・エルブルス山(5642メートル)、18年には南米最高峰、アルゼンチンのアコンカグア(6960メートル)を単身で制覇。登頂を重ねるごとに支援者が増え、今では全国から応援のメッセージが寄せられる。

 今度の挑戦はこれまでのどの山よりも高く、雪山登山のため、凍傷やクレバスへの落下などの危険が付きまとう。その上、けがの影響で人よりペースが遅く、長時間歩くと腰に痛みを感じる。片山さんは「1人なので恐怖心はある。でも頑張ればできるということを伝えたい」。笑顔の中に闘志をにじませた。
 7月20日に出国し、24日から2週間かけて登頂する予定。随所でライブ配信も行う。配信時間などの情報はLINE(@xnd5630a)で発信される。




次回、””はここをクリック。


...
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: