FC2ブログ

三大岩稜 八ツ峰上半

前回、八ツ峰下半はここをクリック。

今回は、5.6のコルからのスタートです。
季節や天気がいいので、軽量化にチカラを入れました。
とはいっても、コースタイム通りなんですけどね(笑)

あたりまえなのですが、長次郎谷の雪が減っていました。

180803 (4)


180803 (5)
▲1.2のコルまで雪が全部溶けてました。


コースタイムで5.6のコルに到着しました。

180803 (9)
▲前回、下降支点を誤った5峰を5.6のコルからみた図です。


時期的に陽が高いので6峰を行けるところまで行くことにしました。
前回、いろんな要因が重なって大幅に時間を要したという失敗もあるので、今回は行けるところまで詰めることにしました。
因みに6峰ではテント設営は出来ません。
テント張るなら5.6のコルまたは、熊岩上部です。

今回の私たちはテントを持たない寝袋だけのスタイルです。
なので、横になれるスペースさえあればどこでも寝られるのです♬


180803 (13)
▲6峰に取付いてすぐ残置ロープがあります。

6峰はAフェースからDフェースまであり、八ツ峰ルートだけでなく側面をクライミングすることもできます。

6峰Dフェースの頭で薄暗くなってきたので今日はここで終了です。

6峰ピークは目の前でしたが、Dフェースの頭から短い懸垂下降の後、登り返し先に進んでも寝床が確保できないこと、日が暮れて行動が遅くなることを考え、先に進むことをやめました。

180803 (17)
▲6峰側面です。

180803 (21)
▲滑落するとヤバい場所なのでこんな感じで寝ました。

夜中目が覚めたのですが、目の前に天の川が”ドーーン!!”って見えてめちゃくちゃ綺麗でした。


翌日も天気が良く、これから進む6峰から8峰、八峰ノ頭が見えました。

180803 (28)

180803 (32)
▲6峰からの懸垂下降

順調に進み、とうとう8峰をとらえました。


180803 (38)
▲7峰からの懸垂下降

8峰はコルから三ノ窓側にトラバースしてから凹角の弱点を突いて登ります。
8峰ピークはやや広くしっかりしています。

180803 (36)


180803 (41)
▲8峰からの懸垂下降は一旦小さなコルに降りて登り返し、続けて懸垂下降で降ります。

8峰の懸垂下降着地点から池ノ谷乗越まで行けますが、順調に進めたので八峰ノ頭も登攀しました。

最初は、ロープで確保した方がいいかな?って思ったのですが、取付いてみると弱点ついて登攀できました。
6峰から八峰ノ頭まで登りでロープを出すことはありませんでした。

180803 (43)
▲頭手前の最後のひと登りです。後ろには登ってきた峰が連なって気分がよかったです。

180803 (45)

八峰ノ頭から池ノ谷乗越まで懸垂下降でも降りてもいいのですが、クライムダウンで降りた方が早いと思います。

その後、池ノ谷乗越から北方稜線を進んでいきます。

180803 (46)
▲池ノ谷乗越上部から見た八峰ノ頭。右には8峰が見えます。

180803 (53)


180803 (57)
▲剱岳登頂


スイス遠征前にいい調整ができました。


...
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。