FC2ブログ

工程遅れ・・・

前回、調子いいけど、深追いは禁物は、ここをクリック。

昨日に続き、今日はテントなど残りのギアをすべてC2(5,380m)に上げる日。
つまり、今日を最後にBC(4,260m)には戻ってこない。


登頂するか、敗退するか・・・


そのどちらかにならない限り・・・


ところが、山に関係ない諸事情で出発が大幅に遅れたことや、パッキングミスで荷物が入らないことが原因で、BCで慌てることとなってしまった。。。

171222 (1)
▲食料ぎりぎりで行くか、予定通り全て荷上げるか。。。

結局、食料難でBCに下山するリスクを避けるため、計画通りの全ての食料を上げることにしたのでザックの重量バランスが狂ってしまった。

今日の行動が遅れたこと、昨日のパッキングミスが原因で今日のザック重量のバランスが悪くて肩と腰に違和感を感じたことで、計画通りならC2(5,380m)まで行く日なのにC1(4,910m)止まり。。。

山に関係ないことは考えず、もっと集中しないとダメだな・・・と、反省しかない一日になった。。。

”ほんの些細なことで、感情的にも行動的にもこんなに影響を受けるんだ・・・”と、思い知らされた一日になった。

その日の夕方、そんな一日を暗示するかのように天候は一変、雪となった。

171223 (2)

171223 (3)

171222 (6)

171223 (1)


どこで計画を詰める??

どこで巻き返す??

どこで・・・ZZZ



次回、遅れを取り戻せはここをクリック。

...
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。