すべて揃ったっ!

前回アコンカグアに行く方法
↑ここをクリック


さて、今回は交通手段や入山届け以外の事を記録に残します。

食事と通信の事です。



<食事>

入山予定の15日間の食事、45食は軽量化目的で、基本的に乾麺など水分を含まない食材を中心に考えたけど、入山中は栄養バランスの悪さを考慮して、コメ、レトルト具材、缶詰なども持っていくことにしました。
普段であればリフィル麺やパスタだけで済ませていたけど、15日間入山するのでなるべくいろいろ食べたい。


ただ、過去の山行で何度も経験したのですが、コメを炊くのは準備や後始末に手間も時間もかかるので、湯せんメインで食べる佐藤のごはんに決定。
出来上がりのご飯を持っていくことで少々重くなるけど、BC(プラザ、デ、ムーラス)まではムーラを利用するのでギリギリの重さです。


161023 (2)_R

161023 (3)_R


アコンカグアでの献立は、以下。
ゆっくりできる夜以外はスピード重視の献立です。

リフィル麺に関しては、日清食品ホールディングス様からご支援いただきました。

nissinfoods-holdings.png

IMG_5456.jpg


朝・・・スープ系・乾麺
昼・・・スープ系・パスタ
夜・・・インスタント・ご飯


主食:
スープ30食、日清リフィル麺15食、パスタ15食、パスタソース15食、ご飯15食
インスタントルー(親子丼、カレーなど)15食、わさび2本、粉ポカリ30袋(60L分)
缶詰(さば、ツナなど)10缶、お茶漬け素1袋
※わさびは1日2g摂取します。血液をサラサラにする即効性があるそうです。つまり血液が酸素をスムーズに運ぶので高山病を予防できます^ ^

その他:
ふりかけ、味付き高野豆腐、マヨネーズ、ココア素、ドライフルーツ系、チョコ系、

現地調達予定品:
水(6L)、サラミ・ハム系
※水はハイキャンプ(C3)で使用する緊急用を想定してます。基本は雪を溶かして使用します。


総重量:15kg
現地調達品は含んでいません。




<通信>


WiFi通信環境は(株)ビジョン様からご支援いただきました。
世界200以上の国と地域で使え、更にパケット定額制という旅行者にも心強い海外用WiFiルーターのレンタルサービス『グローバルWiFi事業』を展開している大手の情報通信会社です。
昨年に続き、今年も支援していただいています。

グローバルWiFi借りるなら!!
↑海外行くならここをクリック

Vision_00.jpg

d12807-70-191841-1.jpg

IMG_5484.jpg



衛星通信は、(株)ウェック・トレック様からご支援いただきました。
高所や大きな障害物(大きな山)に弱いWiFi環境をカバーすることができます。

イッテQ登山部顧問で天国じじいの愛称で親しまれている貫田さんが居られる会社です。
イッテQ登山隊だけでなく三浦雄一郎さん、竹内洋岳さん、栗城史多さん、野口健さん、倉岡裕之さん、そして昨年いろいろアドバイスをいただいた平岡竜石さんなど、多数の有名登山家(隊)をサポートしている会社です。

ウェック・トレックのHP
↑ここをクリック

過去のサポート歴
↑ここをクリック



weclogo.gif

IMG_5480.jpg



<予測>

以前も少し書きましたが、登頂確率がエベレストの半分であるアコンカグアは体力などの基本要素だけでなく天候を味方に付ける必要があります。
山の天気を相手に精度の高い予測を行い、上記登山隊を広くサポートし登頂に導いた(株)ヤマテン様にもサポートしていただきます。


山の天気を知りたい方!
↑日本山岳における天気予報はここをクリック


20160129212050aaf.jpeg


<装備>

登山靴は、今回もイワタニ・プリムス㈱さまからご支援いただきました。

008-135457-ia01.jpg


アプローチは今回ご支援いただいたザンバラン/ジュラス、サミットプッシュは、昨年ご支援いただいたザンバラン/アイガーで挑みます。

IMG_5485.jpg



現地での防寒着は、今年も㈱モンベルさまからご支援いただきました。

m_k_1124196_blsa.jpg


キャンプ地で過ごすために欠かせない一品です。


たくさんのサポートもあり、すべての準備が整いました。
あとは自分自身の調整のみです。

いい結果が報告できるよう万全を期します。


次回、低酸素室トレーニング は←ここをクリック。



...
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

未来の日付に生きていらっしゃる・・・?!w

山入り、お体に気をつけて!

Re: No title

ホントだ!!(笑

いよいよ日が近づいてきました。
全力で挑むので応援よろしくお願いします^^
プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: