アコンカグアに向けて!

前回、低酸素室トレーニングはここをクリック


とうとうこの日が来た!

”待ち遠しい”気持ちと、”何かを理由にして行けなくなるといいのになっ・・・”って気持ち。
複雑な気持ちを感じながら、この日を迎えました。


まずは、支援を受けているGlobalWi-Fiのルーターを受け取り♪


IMG_5909_R.jpg
▲これで街中のストレスから解消されます♪

IMG_5911_R.jpg


そして、今回もANAさまのご厚意で無償でアップグレードしていただきました。


IMG_5917_R.jpg
▲プレミアムシートでゆったりと成田に向かうことができました♪


天候も穏やかで富士山がはっきりと見えたんやけど、これから向かうアコンカグアの高さは富士山の倍。
なんか笑えてきた(笑)


IMG_5916_R.jpg


定刻で成田着、出国審査に向かわずに出口へ。
山仲間、サンゴ仲間が見送りに来てくれているので一旦出発階へ向かいました。


IMG_5926_R.jpg
▲30分くらいしか会えないのに、東京や神奈川からも見送りに来てくれて本当にありがたい。


お守りなどありがとう!!



出国審査を終えて、搭乗口に向かうと


『片山さんですか??』

『これ、ANAスタッフからですっ^^』


IMG_5930_R.jpg



って渡された寄せ書き♪




IMG_5931_R.jpg
▲時間を割いてくれてありがたい☆



搭乗口だけでなく機内に入ってからもたくさんのCAから


『アコンカグア登頂、無事に達成してくださいね』

『2025年に向けて順調ですか?』



とか、たくさん声をかけてくれました。


素直にうれしいですよね☆

本当にたくさんのCAが話しかけに来てくれたので、めっちゃ照れくさかった(笑)


ヒューストンに向かう便も無償でアップグレードしてくれたので快適です。

CAは常に俺の近くに居てくれて、そば、ビジネスクラスのデザートなどなど出してくれて、気遣いが本当にありがたい。

IMG_5933_R.jpg

ヒューストンまでの12時間。
何のストレスも感じずくつろぎました。

するとっ!


IMG_5936_R.jpg


機内のCA全員から温かいメッセージとプレゼントがっ!!♪


飛行機が旅立ってからも、たくさんの仲間からメッセージが届くし、向かうのはひとりでも実際にはひとりじゃないんですよね♪

ほんとに心強くてありがたいです。


ありがとうございます。



1年ぶりのヒューストンはイミグレが変わってました。

IMG_5938_R.jpg
▲自動化されていました☆


さて、トランジットを利用して宇宙センターに行って来ます♬


次回、ジョンソン宇宙センターは←をクリック。



...



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: