アコンカグアにいく方法

前回、折れない心を手に入れた!!は、←ここをクリック。


アコンカグア(6,962m)

南米最高峰であり、セブンサミットNo.2の山。
イッテQ登山部のイモトが悪天候で撤退した山。
素人が登れる最高峰とも言われている山。
山好きぢゃなくても知名度の高い山。

などなど、いろいろと言われている山です。

スタートレック、ヒマラヤ観光開発など旅行会社の公募登山で120万円という高いお金を出して手配すれば、ガイドもついているし登ることだけに専念できるけど、飛行機やら宿やら入山手続やらを自身で行いたい、節約したいって人にも役立つように俺の記録を残したいと思います。


どこにあるの??

アコンカグアは、アルゼンチンとチリとの国境付近のアルゼンチン側にあります。
アコンカグアの起点となる町はMendoza(メンドーサ)


アコンカグア場所
▲日本から見ると地球の裏側です。



どうやっていくの?

最終目的地のメンドーサまでは飛行機で行くことができますが、サンチャゴ(チリ)または、ブエノスアイレス(アルゼンチン)からメンドーサまでのフライト本数、費用、移動時間など調整が複雑になります。

なので、アルゼンチンのブエノスアイレスまたは、チリのサンチャゴからバスで向かった方がいいと思います。


因みに、おれはスターアライアンスユーザーなので、日本⇒アメリカ(ヒューストン)⇒チリ(サンチャゴ)となり、費用は28万円でした。

飛行時間はなんと22時間っ!
トランジット入れると到着まで約3日掛かります・・・


アルゼンチン移動
▲兵庫在のおれは伊丹空港から飛んでいくので+1時間(片道)ですね♪



バスはサンチャゴ発(チリ)を利用します。
ブエノスアイレス発(アルゼンチン)のバスに比べて乗車時間が短いことや、大好きな国境越えができるので♬

この路線はアコンカグアの登山口となるHorcones(オルコネス)など麓を通るけど、Mendoza(メンドーサ)で入山申請を行う必要がある為、残念ながら通過するしかありません。


バス予約は出国前に完了しておいた方がいいと思います。一ヶ月前から予約開始です。
使ったバス会社とチケット内容は下記。


CATA International
↑クリック。



経路: Santiago-Mendoza
所要時間: 8時間
発車時間: 7時、8時、8時半、14時、22時 
旅行会社: CATA International
ランク: Semi cama (2階建てのバスで145°のリクライニング付)などあります。
価格: Semi Cama:600ARS(約7,200円)、Ejecutivo:750ARS(約9,000円)
特記: チリ・アルゼンチンの国境を越え、アルゼンチン側イミグレ手前でアコンカグア視えるそうです。



san⇒men
▲赤丸印の場所がアコンカグアです。




メンドーサでやることは?

荷揚げの手配、入山申請と、レンタル品の手配です。

まず荷揚げの手配。
あとで、理由を書くけど、荷揚げは利用した方がいいそうです。
詳しくは下に貼った、Trippin-k さんのブログを見てください。

入山料を安くできたり、BCキャンプまでのキャンプ地で水を使えたりと、お得なことが盛りだくさんです♪


ムーラの手配は、最大手のINKA社(←ここクリック)が有名。
※但し、INKA社に連絡したけどハイシーズンはパッケージ化されたプログラム(約22万円)しか対応してないそうです。

もう1社評判のいいLANKO社(←ここをクリック)


入山申請は、日本からもできるけど、申請には現地指定場所で料金を支払った領収書が必要となります。
入山料は、入山目的、シーズンによって違うようです。
山頂までの登山は1,000US$だそうです。

アコンカグア州立公園HP
↑クリック
ネットからの申請方法は、アコンカグア タクティクス←をクリック。



現地の観光局は8時~18時まで開いているそうです。
申請方法などはたくさんの先人たちが残していますが、以下のサイトが分かりやすいと思います。

Y平の終わりなき旅
↑クリック

Trippin-k
↑クリック


※サイトリンクは無許可で貼ってます。問題ある場合は、ご連絡ください。速やかに対応いたします。




レンタル品の手配は、それぞれの目的やスタイルによって違うと思うのですが、俺は行動装備品以外は現地調達にしました。
理由はいろいろあるのですが、ロストしたときに保証が重さ(1kg×4,000円)に対してかかるため、重くないのに高額な品物(寝袋、テント、ピッケルなどなど)は不利です。

さらに、下山後の手入れ、洗浄、乾燥などのメンテナンスなどを考えると、借りたほうが楽なので、装備品以外はなるべく借りることにします。

テント、寝袋(マイナス30度用)、オーバーミトン、ピッケルなど借りることもできます。
厚手のダウンも借りることができますが、これはサポートを受けているのでモンベルのダウンを持参します。




メンドーサで拠点にできるオススメ宿は?

その①
いろいろな方のブログに登場する宿

宿名: Hostel International Campo Base(ベースキャンプ)
住所: Mitre 946
料金: 1泊:数百円~1,000円

メンドーサの中でも主だったところに徒歩で行けるという非常に便利なロケーションで、アコンカグア登山者が多く利用しているそうです。但し、ドミトリーなので荷物のパッキング、メンテナンスなどは不便かも知れません。


その②
環光局、バスターミナルのちょうど間に位置する宿

宿名: Hostel Lao
住所: C/ Rioja,771, Mendoza, 5500
料金: 1泊:5,000円

観光局も近いし、個室でパッキングして歩いてバスターミナルに向かえる宿がいいですよね☆


あ、因みに日本人の中では伝説となっている宿『民宿アコンカグア』は現在営業してません。

メンドーサ



宿の詳細、観光局での手続き、レンタルショップ、買い物、などなど実際にどうなったか?は現地で書きたいと思います。


次回、すべて揃った!
↑ここをクリック。



・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

来月下旬のハイシーズンにアコンカグアに
登る予定の者です。

ベースキャンプまでの荷挙げはINKA社に
頼もうと思っていたのですが、22万円は
高いですね!

パッケージ化されたプログラムの内容をご存じなら
教えていただけないでしょうか?

ホームページを見てみたんですが、
ちょっと分からなかったのです。

Re: No title

非公開でアドレス教えてください。
内容送りますので。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

なぜかメールに連絡できません。
お手数ですが私のメールアドレスを送りますのでご連絡いただけると助かります。

プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: