一般道最難関残雪期ソロ達成

前回”西穂~奥穂間再挑戦”はここをクリック


朝3時起床。準備し4時に出発しました。
先週のGWにたくさんの遭難者が救出されたし、ザイルパートナーのFBでも緊張の連続と書かれていたので気合を入れて出発しました。

丸山~独標手前まで雪が無くなっていました。

160514 (7)

予定よりも早く独標に到着。
前回なんで怖かったのか分からないくらいあっさりと山頂に到着。

160514 (13)
▲後ろに写った笠ヶ岳にもいつか行きたいです。

そこから先は初体験。
ピラミッドピークも予定より早く到着。

そして、西穂高岳山頂。


160514 (18)
▲ここまで来ると遠くに槍ヶ岳、そしてこれから目指す奥穂高岳が見えました。


本格的な上級者ルートはこの先です。
気持ち新たに進みだすとライチョウが居ました。


160514 (24)
▲岩の上にいるライチョウわかりますか?


初めてライチョウを見たんですが、近づいても逃げないんですね(笑)

緊張していた時に見れたので一瞬心が和みました。



間ノ岳手前で追いついてきたおじさんがまさかの一言・・・。


160514 (32)


『すいません。ルート分からないので教えてください』

良く見るとアイゼンなし、ピッケルなし。
こういう人が遭難するんだろうな~って思いました。
関わりたくないですね!


160514 (33)


岩稜の登下降で緊張の連続なのでこの辺りから写真の枚数が激減します。


そして、写真は一気にジャンダルムに(笑)
※ホント余裕がなくて写真がありません。。。


160514 (38)


本来(夏なら)ジャンダルム下を巻いて先に進むのですが雪が付いています。
雪渓の幅は10mくらいです。
その傾斜は急で下を覗くと見えないところまで切れ落ちています。

”どうしよう?トラバースするか?ジャンダルムの山頂に登り懸垂下降で降りるか?”


あとで動画を見て分かったのですがこの場所で15分位悩んでました。
自分ではそんなに悩んでいた感覚はないのですが、今思えば相当の決断だったんだと思います。

(動画を見ると、悩んでいたのはこの場所だけでなく、滑落したら800m以上落ちていく傾斜の急な雪渓を通るか、岩壁を登るか等、要所・要所で永く悩む場面がありました。それくらい厳しい決断を迫られたルートでした。)



さて、時間も押しているし、手間を考えジャンダルム下の雪渓をトラバースすることにしました。
で、案の定この場所で滑落しかけました。

厳しいトラバースでした。。。

この場所を抜けると次は切れ落ちた雪のナイフリッジの連続。
緊張してすすんでいくと無造作に置かれているザイルが。。。


160514 (40)
▲このザイルが恐怖心をあおります。


ジャンダルムを抜けるとガスが晴れました。


160514 (42)
▲ここを抜けてきたなんて。。。


奥穂山頂がみえましたが、本当に本当に最後の難関、馬の背とその手前の最後のナイフリッジです。

160514 (45)
▲両サイドが切れ落ちた最後の難関です。



160514 (47)
▲槍ヶ岳と雲海


行動時間15時間。

やっと奥穂山頂に到着。


160514 (49)


最高の景色が迎えてくれました。


160514 (50)
▲ジャンダルムと夕日


朝4時に西穂高山荘を出発、奥穂高岳に到着するまで15時間の山行は気力体力共に果てました。
今年は雪が少ないと言われているけど、例年通りの積雪だったとしたらとても踏破できるとは思えないくらい高度で緊張の連続でした。

ルート選択、雪質の見極め、岩稜クライミング技術、気力、体力全てにおいて格段に経験を積むことができましたが、その一方で、自分に不足している部分を思い知った1日でもありました。

単独ということもあり、両サイドが数百メートルもキレ落ちた雪付きのナイフリッジ(幅20cm程度)を渡るときも確保なし。
ルートを相談する相手もいない。

全て自分で判断し進む状況の中、15時間も緊張感を維持することはとても難しくつらいものでした。

一言で表すなら「二度とこの挑戦はしたくない!」です。
結果的に生きて帰れただけなので・・・。


,,,
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: