エクアドル登山 <まとめ>

前回”エクアドル駆け足観光”はここをクリック


エクアドル滞在8日間
総移動距離:1,500km
総登山時間:41時間


160101 (89)
▲カヤンベとチンボラソ間は5時間、カヤンベとラス・ラハス間は3時間半。”イリニサ・サー”とはイリニサスル、ノルテのことです。


この8日間、本当にたくさんの出来事がありました。



本格的に準備を始めてから1年間、本当にあっという間に過ぎました。


伊丹空港を経ち、60時間(乗り継ぎ含む)。
キトに到着してその足でイリニサ山に入り、トータル16時間の登山。

イリニサスル(氷河峰:5,263m)は雪が緩く入山禁止となるも、イリニサノルテ(岩峰:5,126m)に単独挑戦でき、登頂に成功。
完全にここで自信が付きました。


151225 (35)


ところが、

単独登山が禁止されているカヤンベ(5,790m)にも単独入山が許可されたのに、数時間に及ぶ氷河帯歩行や巨大なセラックに完全に振り回され、気力と体力を奪われました。
低圧環境にも打ちのめされ、本当に死の恐怖を感じました。


いま思えば、この感情は、登山を開始する前から作られた感情だったのかもしれません。


初めて目の当たりにする6,000m級の山々に圧倒され、山小屋に集まった猛者たちが強風で断念する姿を見て、”お、お、おれもやめとこかな・・・”って怖くなりました。


勇気を振り絞り山小屋から一歩を踏み出したけど、初の氷河帯歩行では、真っ暗な中、足元や近くで鳴るクレバスの割れる音(空のペットボトルをたたきつけたような)、クレバスを駆け抜ける甲高い風の音に恐怖を感じ、何度引き返そうと思ったか分かりません。


本当に”引き返そうか”と何度も何度も悩みました。


151228 (4)


たくさんの応援やサポートに後押しされ標高を上げても、巨大なセラックや大きく口を広げたクレバスに行く手を阻まれ、せっかく稼いだ標高を振り出しに戻される悔しさと辛さを味わいました。

151231 (10)


意識を保ち、上へ上へと歩き続けたのに・・・標高5,400m付近で高山病を発症。


その後、無意識のうちに標高を200m近く上げていて我に返った時、それまでの恐怖が一気に押し寄せ『怖い!!』そう思いました。
山頂を目の前にして悔しい気持ちはあったけど、下山の決意に躊躇はありませんでした。


往復13時間歩き続け、涙があふれてきました。


カヤンベ撤退の事実。


本当は登頂できてたんじゃないか?恐怖や疲労を理由にすぐに諦めたんじゃないか?って後悔が押し寄せて苦しかった。


チンボラソ挑戦か、カヤンベ再挑戦かを悩んだとき、『カヤンベに再挑戦してまた撤退したらどうしよう?それならチンボラソに挑戦して撤退した方がサマになるんじゃないか?』と言うような言い訳を考える弱い自分も居ました。


そんな弱さに撃ち勝てたのは、やっぱりたくさんの応援があったからです。
現地の挑戦は一人でも、おれは一人じゃないって言う安心感が後押ししてくれました。


乗り越えさせてくれた、たくさんの応援と気遣いが、


カヤンベ単独登頂成功の事実


と、なりました。

20160113101241a1f.jpeg


本気で動き出せば、必ず何かが変わるってことを少しは証明できたかな?って思います。

『勇気をもらった』とか『前向きに挑戦してみます』などたくさんのメッセージや、たくさんの応援、

本当にありがとうございました!!

次の挑戦もすでに決めているので、
引き続き応援よろしくお願いいたします。


エクアドルのネット環境が原因で動画のライブ配信ができませんでした。
なので、YouTubeでUPしたいと思います。




<費用明細>
・交通費(飛行機代)
ANA(日本-ユーストン):11万円
アエロメヒコ(ヒューストン-キト):11.5万円
カヤンベ送迎:1.8万円

・レンタカー(GS、オーバーチャージ含む):6.0万円

・宿代:2.3万円

・山小屋代:1.3万円

・その他:1.1万円

合計約35.0万円



...
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: