新しい家族

前回”恐怖!5,500mの壁”はここをクリック


宿に戻り荷造りをしていると『夕食に出かけるか?』と聞かれたので、

「一緒に作ろう。おれも作るからエクアドルの料理を食べさせて」と提案しました。

そしてメルカド(市場)へ行きました。

151228 (64)

たくさんバナナがあるなって思って

「バナナがたくさん」

って言ったら

『タカ、バナナじゃなくてオリートっていうの。形がちがうでしょ(笑)』だとかいろいろ教えてくれました。

151228 (68)
▲どーみてもバナナにしか見えん(笑)

151228 (67)
▲バナナみたいに熟れず料理に使うそうです。

俺のアシスタントはカロライン。
教えた通り作ってました。

151228 (70)

151228 (71)

『タカはこれを着て』って言われて出されたエプロン・・・(笑)

151228 (72)
▲似合いすぎるやろ(笑)

おれの登山食はおいしい日清なので、残った乾麺は全部置いていくことにしました。
で、作り方を教えるために1つ作ったら

151228 (74)

『とってもおいしい!』って喜んで食べていました。



カロラインが食卓の準備をしてたらマミータ(お母さんを可愛く言った表現)が
『この子、普段こんなことしないのよ(笑)。よっぽどうれしいのね。』

151228 (81)

151228 (78)
▲食器を丁寧にセットしてくれました。

料理もできました。

151228 (83)

『私たちはこの日を忘れない。新しい家族だ。』
『ようこそ!』


151228 (84)


その言葉を聞いて

「うん!」って笑顔で応えただけだったけど、

家族に入れてくれてありがとう!
おれも忘れないよ!
そんな思いを込めた「うん!」でした。


でもね、おれ謝らないといけないの・・・
高山病の影響で体調悪くて食欲がないの・・・
一緒につくろうって言い出したのはおれなのに・・・


そしたら食事の進まない俺に気づいてパピータ(お父さんを可愛く言った表現)が

『たか、どうしたんだ?遠慮するなよ!(笑)』

「うん、でも日本では全部と食べたらダメなんだ。少し残さないとダメなんだ。」

『ここはエクアドルやぞ?エクアドルでは残すと美味しくないのかと思うんだ(笑)』

パピータ!
それは間違ってないよ!
ぜんぜん間違ってない!
普通はそう思うよね?

だって、少し残すとかうそだもん。
少し残すのは中国だもん。

でもね、ホントに食欲がわかないんだ…(; ̄ェ ̄)

翌日の朝食には食欲も戻って全快。
の、ときに限っておいしい朝食という・・・

たくさん食べたかったのに夕べのことが原因で、食べれなくて困った話しはまたの機会に。




次回”続くトラブル・・・”はここをクリック

...
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: