素敵な出会い!!

挑戦を2か月後に控えた10月。
現地エージェントからの連絡が来ました。

『エクアドルでの単独登山が禁止になりました。』
『コトパクシ山の噴火に加えて、現地で重大事故が発生したことが原因です』



えっ!!!(@_@;)


スポンサーには”単独”って企画で申し込んでいたのでこのままだとまずい・・・。


てか、ホンマにガイド雇わないとあかんの?


調べれば調べるほど情報は全部マトを得ない情報で一体どの情報が正しいのか分からない。
氷河帯のある山だけガイドが必要とか、ガイドは要らないとか、どの山でもガイドが要るとか。
そこで考えたのが、入山申請を作って持参すること。

要するに、事故が起こっても自己責任で登るし、必要な技術もあるので入山を許可してくださいって申請書。
これを書面で作成して持参しようと思いました。


エクアドルはスペイン語圏。
でも、スペイン語話せないし・・・


でっ


話せないなら勉強しよう!って勉強を始めました。
挑戦までまだ時間があるし、そもそも単独の挑戦ってこういう事でしょ!的な軽い気持ちでした。


でも


ムリっ!!


むずかしいし、頭にはいらねぇ~~~


どうしよう?
どうしよう?


で、紹介してもらったのが”クラウド・ワークス”
サイトに登録されている仕事人に翻訳など仕事の依頼をするんです。

早速、登録して依頼しました。


評価が一番高い人にっ!!(´艸`*) 



できたのがこれっ!


tozan.jpg
▲気を利かせてくれて、エクアドルに住んでいる友人にエクアドルで使われているスペイン語のニュアンスで文章を作成しなおしてくれたんです。


この方は、イタリアに住んでいる日本人で旦那さんが外国の方だそうです。

この依頼以外にも現地で知りたい情報はすべて無償で集めてくれました。


●山を転々とするので、途中で洗える”コインランドリーはあるのか”
不明だけど、宿にはランドリーが付いているみたいです。


●ロストバゲージの被害にあったことを想定して”レンタル山道具屋はあるのか”

Equipos Cotopaxi (レンタルor販売は定かではないけど一番大きいお店)
(住所)
6 de Diciembre N20-36 y J. Washington.
Teléfonos: 2526725 / 2500038
Correo: ecotopaxi2@hotmail.com


●エクアドルは予防接種が安いので”予防接種を受けられる病院はあるのか”
 Hospital Vozandes (Juan José Villalengua Oe2-37, Quito 170521)
 Hospital Metropolitano (Avenue Mariana De Jesus, Quito EC170129)

●主要な街の移動時間が分からないので”各拠点の街間の移動時間は”
* Kito - Cayembe (due hore)(2時間)
* Cayembe - Tulcan (molto lontano .. come 6 ore. Tulcan e vicinissimo alla Columbia)(6時間)
* Kito - Latacunga (un'ora e mezza)(1時間半)
* Latacunga - Ambato (mezz'ora)(30分)
* Ambato - Riobamba (un'ora)(1時間)


suutsu.jpg
”この荷物を失くさないでください。連絡先と日程に応じた滞在先”を書いて貼り付けました。


ほしい情報は集まったし、あとは現地で対応するしかない!


素敵な出会いで一気に進んだ準備!

挑戦に向けてトレーニングを続けるだけって思っていた矢先、一番恐れていたことが起こりました・・・・。


その話は次回・・・。


...
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: