弥山西稜

「伝説的に言えば、大山はわが国で最も古い山の一つである。いにしえから大山は高くそびえ、人々がそれを仰ぎ尊んできたことに間違いはない。大山がそれ以上に私を感歎させたのは、その頂上のみごとな崩壊ぶりであった。中国地方には目立った山が少ない。その中で大山が図抜けて高く、秀麗な容を持っている。(日本百名山:深田久弥)」

今日は深田久弥を感歎させた崩壊した北壁のバリエーションルート※をソロで登攀します。
※バリエーションルート・・・一般登山道以外の整備されていないルート。薮漕ぎ・岩登り・沢登りなどがあり、一般の登山道よりも難易度が高い。


冬の大山は日本海気候の影響で西日本随一の積雪量を誇り、晴天に恵まれることも少ない山です。
標高は約1,700mとそれほど高くはないけど、冬になると日本海から流れる叩きつける風の影響で独立峰ならではの厳しさがあり、時には3,000m級の冬山と変わらない厳しい環境を持つそうです。

今日は伯耆大山北壁、弥山にダイレクトに伸びる尾根、西稜の登攀です。




ハーネスなどなど装備を準備。

150314 (2)

大山北壁を見上げてもガスで何も見えません。

150314 (3)

大山寺横を抜けて

150314 (5)

大神山神社の中を抜けて行きます。
大堰堤(おおぜきつつみ)手前のトラバースは崩れやすかったです。

150314 (6)

元谷避難小屋下まで行ってもガスで北壁が見えませんでした。

駐車場から2時間、西稜の取り付きが見え始めたころから雪が激しく降り出しました。

150314 (10)

俺の前に1組のパーティーが見えました。
スタカット※で登ってました。
(↑普通ならそうですよね・・・)
※スタカット・・・ザイルを結び合って行動するとき、一人が登攀(とうはん)し、他の者がその安全を確保する登り方。

150314 (11)
↑なんとなくルートも見えます。


おれはソロ登攀なので安全は確保されていません。
なので、普段以上に注意して登らないとっ!


現在の西稜取り付きの時刻は9時10分。


さてっ!

いきますか!!




150314 (13)

当たり前やけど写真撮れるような安定した場所が少ないです。

登攀の様子はここをクリック

少しの晴れ間に見えた景色は隣に見えた別山尾根でした。

150314 (14)
↑ここまで約1時間で登ってきました。

登攀の様子はここをクリック

登ってきた尾根も見下ろせました。
めちゃ怖いです・・・。

150314 (15)

150314 (22)
↑この傾斜ヤバくないですか??(笑)

取り付きから約2時間。
すこし傾斜が緩やかになってきました。

150314 (23)

登攀ラストはここをクリック


そして

とうとう


11時30分。登攀成功っ!!(笑)

150314 (27)


埋まっている山小屋の入口

150314 (29)


山小屋でご飯食べて外に出たらっ!

150314 (32)

150314 (46)


弥山の絶景はここをクリック


登ってきた尾根も丸見え!

150314 (54)

事故もなくいい登山でした。

150314 (57)




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: