船舶免許の更新

このブログを見てる人の中にも、船舶免許保有者がいるかと思いますが、その人は必ず5年に1度、更新申請をする必要があります。


おれも1級小型船舶操縦免許を持ってるんですが、代行手数料を取られるのも無駄なので、個人申請をしてみました。

<1級小型船舶操縦免許>
 ・ 操縦できる船の大きさ・・・総トン数20トン未満(プレジャーボートで24m未満に限り20トン以上可)
   
こんな船←クリック

 ・ 航行区域・・・無制限(条件付きで外国も行けます)
   沿海区域(日本本土および指定された島などの海岸から20海里以内の水域」)の外側80海里
   (約150キロメートル)未満の水域以遠を航行する場合は、六級海技士(機関)以上の資格を有する者の
   乗船は必須。 




免許更新には3パターンがあって

 ① マリーナ等の免許取得の実技試験を受けた場所などに依頼する。
 ② 海事代理士にお願いをする。
 ③ 個人で申請をする。


大まかに費用は①が高く、③が安い、②は中間です。

手続きは①②は大差なく、③は個人申請だから当然やることが多い。
でも、手間より費用削減を優先してみました。

さて①はやったこと無いのでわからないですが、世間では大体で14,000円程度かと思います。
②は知らん。。。

③は?てことやけど、今回の結果をみると

 1. 更新受講費用 4,370円(失効再交付の場合、9,170円)
 2. 受講・申請用写真(45x35mmを2枚) 700円
 3. 納付する収入印紙 1,350円
 4. 申請書類送付の切手代 120円
 5. 免許を郵送して貰う返信封筒の切手代 380円


合計は約7,000円なので随分安くなりました。

どのくらい手間が掛かるのかというと、大したことなくて、


 1. 受講日と場所を小型船舶免許試験機関の公式サイト(http://www.jmra.or.jp/)で申し込み。
    いろいろな支払方法を選択できます。
    身体検査は受講会場で受けると便利です。
    受講後、インターネット申し込み者が集められ書類の書き方について説明を受けます。
    記入例も貰えるし、書く内容も免許記載内容を写すだけなので簡単です。

 2. 何処でもある自動撮影機で十分でした。
 3. 収入印紙は郵便局にありますが、50円印紙は大きい郵便局にしかないそうです。
 4. A4数枚の書類を送るので大きい封筒に入れてください。
    身体検査結果は3ヶ月有効です。更新はその間に行わないとやり直しになるそうです。
 5. 返信封筒はサイズ指定(長3サイズ 235x120mm)です。


正直、難しさは全く無かったので今後も個人申請にします。

インターネット申し込みも簡単やし、受講日前日もメール連絡も届くので忘れることもありませ。

っと言うことで結論「今後は個人申請で問題無し」です。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: