サンゴ植えますッ!

毎年この時期、サンゴを植えるボランティアに参加するために沖縄へ行きます。
詳しくは、
サンゴ再生PJはこちらを見てください。

「ダイビングのライセンスが無いと参加できないの?」
って、よく聞かれるけどノンダイバーでも参加できますよ。



ANAなどのCSR活動としては開催時期が毎年5・6・10・11月の4回だけのようです。

でも仲間の経営している”lagoon(ラグーン)”ってショップでは参加できるのでぜひ利用してみて下さい。※海底の準備などあるみたいなので予約時に聞いてみてください☆




会社のインフォーマルな活動で参加している異業種交流。
その中でANAが関わっていたこの活動を知りました。

若干人見知りのめんどくさい性格の俺も、3年目?4年目?の参加なので顔見知りができてうれしいです(´艸`*)



サンゴのことを教えてもらって、

141115 (8)

養殖所の観察に行きました。

141115 (9)

今回初めて海ぶどうの養殖も見せてもらいました。

141115 (11)

141115 (10)

ちょ~~~~~~~~~~~~うまそうなのでついつい手が伸びましたが食べてません!!
ホントです!(;´∀`)



サンゴ観察ダイビングに出ます。
これは海中でサンゴがどういった状態なのか、どうやって育っているのかを見るんです。

今回一緒に植え付けを行うチームブルーの仲間です。

141115 (21)

船に乗って出航。

141115 (26)

海中に植えたサンゴがあるんやけどわかる??

141115 (28)

潜るとこんな感じです。

141115 (34)
↑今回植える場所にはブロックピンが刺さっています。このブロックは貝の殻を使って作っているそうです。
なので、環境にもサンゴにも良いそうです。そういえば子供たちが触れる学校のチョークも貝殻からできてますよね!


サンゴ畑も年々大きくなっています。

141115 (35)

昨年植えたサンゴもこのとおり大きく成長していてカゴからはみ出てます。

141115 (41)

サンゴ畑もていねいに見てみると小さくてきれいな魚がたくさん住んでます。

141115 (47)

141115 (60)

141115 (57)
↑小さなきみどりの魚いるのわかりますか?

141115 (66)

観察ダイビングの後は、サンゴの植え方を説明してくれます。
後で書きますが去年と違ってボルトで止める作業はなくなりました。

以前のボルトタイプが知りたい人は、こちら




141115 (74)

説明のあとは集合写真。

141115 (75)

潜ったらサンゴが定着している苗場に行きます。

141115 (80)

この中から自分の気に入ったサンゴを選んで植えます。

141115 (82)

俺が選んだのはこれっ!!

141115 (89)

141115 (92)

きいろっぽいのが”ウスエダミドリイシ”
先っぽが青いのが”スブラータ”

これを植えます。

141115 (98)

サンゴのついていないブロックピンを抜いてサンゴが定着しているブロックピンを差し込みます。
これで完了っ!

めちゃくちゃ簡単で、ボルトで締めるプレートタイプと比べて作業性がめっちゃ向上してました!
ボルトを締めすぎて板が割れることもない。

なによりよかったのは自分で植えたいサンゴを選べるってこと。

いつまでも元気に育ち続けそうなサンゴを選んでね。


141115 (106)

植え込みが完了したら以前植えたサンゴの周りをそうじします。

141115 (109)

141115 (113)

参加企業の一社であるヤマハ発動機さんのモニュメントも掃除^^

141115 (115)

141115 (116)

141115 (118)

サンゴを植えた後は恒例のBBQ!

141115 (127)

141115 (131)

サンゴのこと、環境のこと、くだらないこと、いろんなことを話しました。

こうやっていろいろな話しを聞くことはとてもいい刺激になりました。


”出来ること””やりたい事”のきっかけとして広がるよう、周りに広め伝えようと思います!


141115 (128)
↑サンゴの父は毎回差し入れてくれます!(笑)
今回はうみぶどうでした^^


それをおみやげにいただきました~!!

141115 (135)

もらっていない俺以外のみんな!ごめんっ!(´艸`*)


知ってましたか?海ぶどうって冷蔵庫に入れたらダメみたいです。
直射日光の当たらない常温で1週間くらいもつらしいですよ☆



港で撮った写真をHDR加工してみたらいいのができたので最後はその写真をみてください。


141115 (3)

141115 (6)



興味がある方、ぜひ参加してみてください。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: