55:穂高岳(elev.3,190m)

翌朝5時に起きたらすでに登山を開始している人たちが居ました。

141011 (99)
↑これをカメラの機能で明るくすると、

141011 (100)
↑こんな感じ。カメラってすごいでしょ!!(笑)

ご来光。

141011 (110)

141011 (113)

朝日を浴びながら、昨日まりちゃんたちにもらったお菓子を食べて腹ごしらえ!!w

141011 (114)

昨日の晩は、ものすごく強い風でテントを張るのも一苦労だったけど、今日は風もなく天気もいいという最高の条件。

141011 (119)

奥穂高岳に向かう途中で、ジャンダルムが見えました。
来年はここを縦走する予定です。

141011 (125)
↑画面真ん中、てっぺんがもこっとしたところがジャンダルムです。

遥かかなたには富士山と御嶽山。

141011 (131)

141011 (132)
↑真ん中1番奥に見えてる御嶽山からは噴煙も見えます。

穂高岳山荘から1時間で奥穂高岳に到着。

141011 (141)

奥穂高岳からは槍ヶ岳と剱岳がセットで見えます。

141011 (137)

そして、こっちが今から向かう前穂高岳。

141011 (147)

「目の前に開けた、深い広い傾斜、その向うの巍々堂々たる山、何という男らしい、神々しさをもった嬉しい姿であろう。思わず、知らず、涙ぐましいような心持になって、危うく手をさしのべたいような気がした。(日本百名山:深田久弥)」



141011 (149)
↑拡大するとこんな感じ。

こんなところを進みます。

141011 (152)

141011 (157)
↑赤線のラインで下ります。赤線の上端にちいさく人が写ってるのわかりますか?

初日に無理をしたのでみんなひざがガクガク・・・。
紀美子平で休憩して前穂高断念を決断。

141011 (162)

重太郎新道を進み下山開始。

141011 (167)
↑崖の上に人が居るでしょ??w

141011 (170)

紀美子平から約5時間、上高地に下山完了。

141011 (172)

奥穂と前穂をバックに記念撮影。

141011 (175)

いや~疲れました。
上高地でこれ飲んで疲れを癒し帰りました。

141011 (176)
↑これめちゃくちゃおいしいのでぜひっ!

※プチ情報
関西から自家用車で上高地を目指す時の玄関口は平湯温泉。
この平湯温泉にある”平湯の森”はとっても大きなお風呂で、刺青ある人でも入れるそうですよ。(笑)




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: