初日からトラブル!!

屋久島3回目!!
予約が予定日の一ヶ月前から始まるのですが、いつも使っている時間帯の高速船が満席で手配できず、1本遅れた便(最終便)を予約する事に・・・。
それに合わせて、新幹線も手配したので、姫路からの出発はゆったり出来ました。


が、なっなんと!!


帰省ラッシュで指定席車両まで、立ち乗り客が・・・・(指定席の意味がなく、ゆったりできなかった・・・!!)
しかも、博多で7分しかない乗り継ぎなのに人ごみで時間を食い、目の前で扉が閉まりカバンを挟んだまま列車が出発してしまいました。


カバンは取れたけど,新幹線に乗れず,鹿児島から乗る予定の高速船(最終便)にも乗れない。

ってことで,すべての計画が崩れてしまう・・・・・。



JRに怒り爆発!!あぶないっしょ!



予定より1本遅れて列車に乗りましたが、鹿児島駅から港まで15分で移動しなければいけません。
鹿児島中央駅から港までタクシーで普通に行っても20分以上掛かるので、不安は解消されません。


☆かたやんの旅ブログ☆


高速船の会社に連絡したところ、夏時刻に変わっていてため、余裕のない15分から30分も余裕ができました。
予定通り屋久島に行ける!!誰もがそう思った瞬間でした。


☆かたやんの旅ブログ☆


新幹線内でワイワイ言いながら、鹿児島駅に到着。
しかし、鹿児島中央駅に到着しても油断大敵!

タクシーに飛び乗って港に向かい予約していた乗船チケットを入手してやっと一安心。



ここから約2時間半の船旅ですが、気がつけばみんな寝てました。

そして、目が覚めると目の前に屋久島が!!
ついに”パワースポット屋久島”に到着です。


レンタカー会社から車を受け取って、最初の宿”ロッジ八重岳山荘”に向かいます。


☆かたやんの旅ブログ☆


宿に向かう道中で2日目の登山時に食べる朝弁当・昼弁当の手配や、雨具・靴のレンタルを済ませ,それから宿に向かったので、宿に到着したときには日も暮れてました。




部屋に荷物を置いて、夕食です!

これがめちゃくちゃうまかった!特に、とびうおの刺身はいつ食べても最高ですね!


☆かたやんの旅ブログ☆


次の日、朝3時起きなので、この日の宴はほどほどにして休みました。


ポイント:

・ 宮之浦港周辺の店でステッキ,くつ,合羽などほとんどレンタルできます。

・ レンタカーは,かなり前から予約しておきましょう!

・ 今回泊まった八重山山荘周辺は夜になると屋久鹿の大群が現れます。

・ 八重山山荘をさらに山上へ向かうと30分ほどで白谷雲水谷です。


☆かたやんの旅ブログ☆



スポンサーサイト
プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: