FC2ブログ

マーキングワッペン


ご支援いただける企業名、ロゴをウェアやテント、旗に表示したい。
挑戦を始めた2015年は刺繍ワッペンを製作して、ウェアに縫い付けていました。

縫い付ける場所や物によっては縫い付け自体大変です。

例えば、登山ウェアは針穴、縫い目をシームテープ等で塞がないと雨などがインナーに滲みてきます。
アイロンでワッペンを圧着して、縫って、塞いで、、、って作業が面倒ですし、刺繍ワッペンは分厚くて扱いにくいのです。


ずーーーっと我慢して使っていたのですが、とうとう出会いました。

その名も、マーキング。
株式会社 ラックス(Fungoal)の商品です。
簡単に言うとフィルムタイプのワッペンといえば分かりやすいと思います。


刺繍ワッペンとは比べ物にならないくらい取り扱いやすいし、なんと言っても刺繍と違ってデザインが細かいです。

PA070001.jpg
▲刺繍ワッペンは厚みがあるので貼り付けたい場所によってはとても扱いにくいのです。

PA060001.jpg
▲マーキングの薄さとかデザインの細かさがわかりますか?


使用方法はとっても簡単。


PA060002.jpg
▲マーキング裏側のフィルムをはがします。


その後、アイロンを低温に設定し、圧着するだけです。


貼り付けたウェアなどを使用した感じは、刺繍ワッペンよりも薄くて嵩張らないので、たたみやすいし、動かしやすいし、見栄えもかっこいいです♪


171224 (1)
▲テントに貼り付けたマーキング。アコンカグアの高所低温環境で受けた続けた強風でも劣化は見られませんでした。
※アコンカグア(アルゼンチン)は南米最高峰(6,962m)です。

171229 (22)
▲アコンカグア山頂の超低温環境でもご覧のとおり。


価格も手ごろなのでぜひ!

詳しくは、https://www.fungoal.com/marking.html ここをクリック。




...
スポンサーサイト



プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: