FC2ブログ

劇的ドロップルーフ

長年、酷使し続けてきたウェアやギア。

汚れも気になるけれど、撥水効果も無くなって、自分で防水スプレーを吹きかけたり、有名洗剤で洗ってみたり。

コインランドリーの高温乾燥機に入れてみたり、アイロンで熱処理しても、雨が降って濡れたウェアを見るとため息しかでない状態です、、、


個人で行う撥水処理には限界があるので、防水スプレーを騙し騙し使って諦めていました。

そんなことをいろんな人と話していると、数人から聞いた”そらのした”

そらのした の名前は聞いたことがあるかもしれません。
私は知っていました。
登山などレンタル用品を数多く取り扱っている会社が ”(株)そらのした(http://www.soranoshita.net/)” です。
※各種個別のレンタルも可能ですが、屋久島セット、富士山セット、フェスセットなど格安で取り扱っています。


登山用品のレンタル専門店なのに撥水加工で有名??と思って調べたら、レンタル以外に撥水加工”ドロップルーフ(弾水コーティング)※”という技術を提供しているようです。
※ドロップルーフは(株)そらのしたの登録商標です。


今回は、この撥水技術についてご紹介したいと思います。

まず、撥水と防水は機能が全く異なります。

撥水→水を弾く機能   
防水→水を通さない機能  

撥水も防水も永久機能ではなく、撥水はコーティングが落ちた時、防水は生地が劣化した時、その機能を失うので、長く使用するには定期的なメンテナンスが必要となります。


上記した通り、私自身が行ったのは、市販の撥水防水スプレーを使ったり、専用洗剤で洗ったり。
高温乾燥機やアイロンで熱処理を加えて、ウェアなどの表面処理を行う方法です。

しかし、こまめに実施したことはありませんし、手間暇かけて丁寧に実施しても、その効果や耐久性(持続性)を見るとやる気がなくなって、、、(笑)


そんな私が手に入れたかった撥水加工”ドロップルーフ(弾水コーティング)”の効果をご覧ください。


まず、水分を含んでいない状態の重さを量ってみました。

P9174670.jpg
▲273g

P9174673.jpg
▲233g


このウェアに雨を想定して2~3分シャワーをかけてみました。

P9174676.jpg


P9174678.jpg
▲毎回、某ゴアテックス用の洗剤で洗濯して、市販のスプレーで防水撥水処理を行っているウェアはこの状態。


P9174684.jpg
▲場所によっては吸水が確認できます。


P9174686.jpg
▲座ったときに擦れるおしり部分の吸水も確認できます。



P9174681.jpg
▲ほとんど手入れを行っていないウェアの状態はひどいもんです、、、


その後、ウェアをバサバサ振って水を切ってから重さを量る。

P9174683.jpg
▲326g

マメに手入れしているウェアでは上下合わせて49g。
手入れしていないウェアでは上下合わせて95g。


テントに関しては、200g以上の吸水を確認しました。


これを多いと思うのか、少ないと思うのかはそれぞれと思いますが、テスト的に数分水をかけただけでもこれだけの吸水。

実際、何時間も雨に打たれる状態や雨を吸って重くなったテントを担いで行動することを考えるとストレスしかありませんよね。



さて、撥水処理を終えて返ってきたウェアがどうなったのか。

届いた商品は1着1着袋に入っており、とても丁寧に扱われていることがわかります。


konn_20180930224826546.jpg


kon2.jpg


PA140006.jpg


発送前と同じように重さを量ってみました。

IMG_4038_201809302248238f4.jpg
▲276g


そして、雨を想定して、シャワーを数分かけてみたのですが、ここで驚きました。

水が滑る?弾く?表現が難しいですが、水が玉になってウェアの表面を転がり落ちていきます。

濡らしたウェアはバサバサと水を掃って重さを量ると、


IMG_4039_2018100107591332f.jpg
▲276g



なんとっ!!



重さが変わっていませんでした!!

ウェアの吸水重量だけ見たら、人によっては大した重さではないと思うかもしれませんが、ウェア上下、染みてインナーが濡れた重さ、などを考えると軽量化を意識しても水の泡です。
インナーが濡れた時の不快感も最悪ですよね。


テントを濡らしてテストした時の重量UPは顕著に表れていました。


吸水しなければ、重くならないし、早く乾くし、体温低下も防げます。
さらに、価格(←価格表はここをクリック)もお手頃ですばらしいのひとこと!


PA140003.jpg
▲その他に商品の劣化箇所を教えてもらました。


PA140008.jpg
▲ふっくらしすぎて保存袋がパンパンです(笑)


みなさんもこの感動を味わってください。




次回、そらのした に行っちゃった。 はここをクリック。


...
スポンサーサイト



プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: