FC2ブログ

入山に必要なこと

前回、レーニン・ピーク、準備スタートはここをクリック。


ヘッダー
▲7/15~8/25がベストシーズンです。


●入山に必要なこと

・ キルギスVISA:60日以内はVISA不要です。

・ 外国人登録(OVIR):現状は不要だそうです。

・ 国境帯入域許可証(Border Permit):これは必要です。欧州最高峰エルブルスでも必要でした。
  ※いろんな情報を読み漁った結果、キルギスでは“不要だった“そうですが、
  国境地域に入るので念の為、国境帯入域許可証は取得しておいた方がいいと思います。
  申請は https://indy-guide.com/en/login  こちらをクリック。

・ オシと、アチクタシュ(BC)間の移動手段

こんなものでしょうか。


ヘッダー


で、いろいろ調べた結果、キルギス山岳協会に一括して発注することを考えています。
キルギス山岳協会に依頼すると、ベーシックプラン300US$で、以下の手配が含まれます。
個別手配を考えると手間も省けて便利だと思いました。

・ 査証取得のサポート(日本国旅券保持者は60日間以内まで不要)

・ 外国人登録(OVIR)のサポート(必要な場合)

・ 国境帯入域許可証(Border Permit)の取得

・ 山岳レスキューサービスの登録

・ キルギス山岳協会による登頂証明書

・ オシ市内での空港送迎

・ 自動車によるオシ、アチクタシュ(BC)間の移動往復

・ 宿泊

  ベースキャンプ(BC)利用:持参のテント
  アドバンストベースキャンプ(ABC)利用:持参のテント

・ アウトドアトイレの使用

・ 荷物の保管

・ 太陽光発電による電気の利用

・ 山岳ガイドによるルート設定のコンサルタント



これだけ揃っていれば十分ですが、ビシュケク発着スタンダードプラン 1,050US$、オシ発着スタンダードプラン 900US$、各種オプションも豊富です。


ヘッダー
▲以前は、ポーターや馬を使った荷揚げ重量に上限がありました。利用する場合は、要問合せ。


以下は、別料金で追加可能なサービスです。
・ ビシュケク・オシ−アルマトゥ(カザフスタン)間の陸路・空路移動

・ ビシュケクの宿泊:シングルUS$50-70、ダブル・ツインUS$70-80(朝食含む)

・ BCでの食事:1日分US$30/1人

・ ABCでの食事:1日分US$42/1人

・ 乾燥食:1日分US$25/1人

・ プロパン・ブタンガスカートリッジ:1缶(230g)US$9 ※空き缶は返還
  再充填1缶US$6

・ 山岳ガイド(ガイドの食事・装備等を含む)
  1プログラムにつきUS$2,500、IFMGA認定山岳ガイドUS$3,500
  ※事前に予約する場合は、5日間以内に契約を終了した場合でも、最低US$950の料金がかかります。
   また、安全を確保するためには、ガイド1人につきクライアント3人の比率を推奨しています。

・ 馬またはロバ:BC→ABC[4,200m]間:US$3/kg

・ ポーター:ABC→C1[5,100m]:US$9/kg
        C1→C2[6,100m]:US$18/kg
        C2→C3[6,400m]:US$26/kg

・ 衛星電話(Thuraya)の貸し出し:デポジットUS$400、使用料1日US$25
  ※ABCの固定電話は無料ですが、通話料金1分約US$4、SMS1通US$2が必要です。

・ その他:キルギス各地での高度順応登山、アチクタシュ周辺地域でのトレッキング・乗馬ツアー

・ 注意事項
  1.各プランは、到着日の8週間前までに御予約下さい。この期日以降は、許可証の取得等のために、
  1人US$70の追加手数料がかかります。

  2.4人以下のグループの場合、オシ・アチクタシュBC間の移動が他のお客様との同席になることが
  あります。その際、他のグループの到着・出発準備をお待ち頂く場合がありますので、予め御了承
  下さい。また、車両数の関係で、ごく稀に他社の車輌に振替えて頂く場合もございます。

  3.サービスに装備品の提供は含まれておりません。各自で御用意下さい。

  4.キルギスの国内フライト運行会社は、事前の通告なく出発時刻を変更する場合があります。

  5.キルギス国内便の預け入れ荷物重量制限は1人15kgで、それを超える場合は$1/kgの超過料金が
  かかります。

  6.キルギス共和国到着前に、登山用具等をビシュケクからオシまで転送しておきたい場合などは、
  事前にお問い合わせ下さい。通関の諸手続きをサポートすることも可能です。

  7.山岳レスキューの登録には、救助・搬送の補償額がUS$40,000以上の適当な保険に加入してい
  る必要があります。
  特に大切な保険は、わたしは、日山協山岳共済です。
  死亡、傷害などの補償額は少額ですが、救援費用は500万円まで補償されます。
  高額な死亡、傷害補償を求めている方は、保険料の高い東京海上などで契約してください。

  この日山共は6,000m以上の登山で、旅行期間が20日間の場合、保険料は約1万円です。


キルギス山岳協会は、https://kac.centralasia.kg/ こちらをクリック。
※ブログの記事はキルギス山岳協会に問い合わせ2019年向けの規定を記載しているので、キルギス山岳協会のサイトに書かれている記事よりも新しい内容です。しかし、それぞれのタイミングで問い合わせることをお勧めします。
ブログ記事で負った損害については補償しませんし、各自の責任で確認してください。


次回、””はここをクリック。



...
スポンサーサイト
プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: