FC2ブログ

19日目完全下山

前回、”18日目成功か失敗か”はここをクリック。


いよいよクーヒ・ガルモを離れる時が来た。
入山して18日間も生活するとさすがに名残惜しい。


がっ~~~!


ABC(C2)で掛かった費用が支払えないのでっす!
そうです!
入山前に”お金を引き出す、両替をする”ことが出来なくて支払えないのでっす。


で、どうしたか?


ABC(C1)で要した費用はモンベルフリースとソーラーパネルで支払い、荷揚げに要した費用は無線とモバイルバッテリーでお支払い(笑)


おれが下山する日に、ステファン、ジュリアン、頼さん、ジャンナスも下山する。
ステファン、ジュリアンは入山もおんなじ日やったし、頼さん、ジャンナスはおれたちが入山した翌日に入山してきたので、ずーーっと同じ時期を過ごしていた。

頼さんやジャンナスは食べ物分けてくれたり、いろんな山の話をしてくれたり。
日本にも何度か登りに来たことがあるらしく、ジャンナスは『西穂高岳が一番好き!』らしい♪


これは麻薬の類かな??
※あとでわかったんやけど麻薬でした。ウズベキスタンで知った。(2019.8.23追記)
遊牧民たちが緑の粒を食べてる?噛んでいる。


P8106245.jpg


一緒に写真を撮ろうとすると、


『一緒に撮るのはあかん!』


って、言われた。
この粒を小分けしてた。


荷物の整理や重量計測が終わり、本当にABC(C1)を離れる時が来た。


P8100122.jpg


帰りも馬に乗せてくれた。
ステファン、ジュリアンも乗せてもらっていた。


馬を操りながら3人でワイワイガヤガヤ♪


P8100132.jpg
▲先は長い。


馬ってすごいですね。
200kgの荷物を積んでも急登だろうが歩きます。


P8100142.jpg


山道が終わった平坦な道で急に走り出してびっくりしました。
200kgの荷物持って走るんですよ!


P8100168.jpg


すごくないですかっ?

でもその振動で積んでいたドローンだけ落馬して落ちていきました、、、。
ドローン本体18万円もするんですよ!

泣きそうでした、、、。


P8106249.jpg
▲中央アジアではライトフードのクルト


P8106248.jpg
▲BCで遊牧民子ちゃんが焼きたてのパンをくれました。


P8106252.jpg
▲帰りの車をみなで待っているところです☆


P8106258.jpg
▲登頂証明もらいました。


ユルタ(移動式住居)にも入れてもらいました。

P8106267.jpg


P8106266.jpg


本来なら乗ってきたバンに乗って帰るんやけど、オシの街に行っているらしくBCに車がなかったんです。
気持ちは帰る気満々なのでこんなところに居たくない!

ジャンナスや頼さんが調整してくれて、BCがツーリストバスを手配してくれた。
これでひと安心。

この帰りの車を待っている時が一番長かったです。


『30分くらいで到着する。』


って言っていたのに2時間待った(笑)
そしてオシの街まで6時間、キルギスに到着したときに泊まっていたホテルに到着。
フロントで手続きする時に利用した会社名を聞かれたので、


「ITMC」


って言ってチェックイン。
ITMCの名は ホテル SUNRISE、ゲストハウス SUNRISE を積極的に使っているのですぐに通じます。

部屋に入って速攻シャワー!


堪らん!

気持ち良すぎる!

20日ぶりっすよ!



っ??


電話が鳴ってる!
経験上、きっとよくないことが起こる予感、、、。
こんな時は無視!
まずはしっかりシャワーしてから出たほうがいい。

シャワーから出て着替えてからフロントに行くと予感的中、、、。


『あなたの予約がない。』


って、そんなんおれ知らんしな!
受付したときに予約してないって伝えたしな!
利用会社聞かれたから「ITMC」って言ったら、ホテル側が勘違いしたらしくITMCが予約していた部屋に俺を通しただけ。

ってことも何語も話せないおれにはチンプンカンプン(笑)

たまたまフロントに降りてきた日本語が話せる アンソニーさんが助けてくれて経緯が分かったんです。
アンソニーさんのおかげで即解決。

アンソニーもクーヒ・ガルモに登頂したんやけど、予定よりも早く登頂できたので翌日以降ウズベキスタンを旅するらしい。


実はおれもウズベキスタンに行くつもりやった!


ってことを伝えるといろいろシェアできるし一緒に行こうか!ってなった。
ツイている!♪


23時、夜も遅いけど頼さんとごはん行った。
入山前に食べた串焼きが食べたくてレストランに行ったのに23時でオーダーストップ、、、。
開いている店がなくて、となりのディスコ”SKY BAR”で食べたんやけど、頼さんと会話できんくらい大音量でうるさかった(笑)


P8106273.jpg


次回、”42ヶ国目ウズベキスタン”はここをクリック。
※かたやんの旅ログに飛びます。


...






スポンサーサイト



プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: