FC2ブログ

サムサン島 沈船ダイビング

前回、”バンコクからパタヤに行く方法”はここをクリック。
↑かたやんの旅ログ に飛びます。


今日は、沈船ダイビングの日です。

パタヤも立派な観光地なので泊れば楽だと思います。
でも、バンコクの宿を出て、パタヤで宿を取り直すのは面倒って人はバンコクのショップを利用すれば、割増料金で日帰り利用することも可能ですが、バンコクのショップを利用すると、交通費で+700BHT(約2,500円)上乗せされます。



さて、おれが選んだショップは、 MERMAID です。




おれ、日本人がたくさんいるショップが嫌いです。
日本人がたくさんいるゲストハウスも嫌いです。

英語話せんし、分からんけど海外に来て、ガチャガチャ日本人がいる環境が嫌いです。

MERMAID は、ヨーロッパ?の人が経営しているショップなので基本日本人が少ないです。


<MERMAIDの特記>

①滞在場所によって変わるけど、8時頃ピックしてくれます。
②お店に集合して準備が出来次第スタートなので、午後に来てダイビングってことができません。
③ダイビング終了からフライトまで18時間以上空いていないと利用できません。
④Nitrox(Enriched)、Trimix、Twinsets が利用可能です。
⑤2divesで3,000BHT(約10,800円)が基本です。
  その他、プライスはここをクリック。
  ちなみに、バンコクにある日本人が経営しているショップは、2divesで3,900BHT(約14,000円)。
  これに交通費が1,200BHT(約4,300円)が加算されます。



帰りの飛行機などの兼ね合いで、1日しかダイビング出来きません。
ないので、サムサン島の沈船ダイビングなど3divesを選択。


ポイント名:S.S.SUDDHADIB HARDEEP WRECK
第二次世界大戦の空爆で沈んだ客と貨物を運んでいた蒸気船です。


190310 (3)


ショップから車で移動すること約1時間で小さな港に到着します。
ここから専用船に乗り込みポイントへ移動。


190310 (4)


沈船ダイビングのポイント:HARDEEP WRECKへは30分くらいで到着します。


190310 (10)


ここ流れが速いです。


190310 (22)


そして、透明度めっちゃ悪いです。


190310 (16)


水深30m付近には第2次世界大戦の爆撃で沈んだ全長72mの輸送船が沈んでいます。


190310 (14)


船内に入ることができるので懐中電灯を持参したほうがいいです。
ない人は、ショップで貸してくれますが数に限りがあるので、早く借りておいたほうがいいです。







パタヤにはタイ海軍が漁礁にするため沈めた全長56mの軍艦があるそうなので、次回はそっちに潜ってみたいです。


沈船以外はサメサン島周辺の浅瀬でダイビングするのですが、浅くてほとんど大した魚も居ないのでどうでもいいです☆


190310 (26)
▲足の長いウニがたくさんいますが、真ん中に青く光る星が5つあります。


190310 (31)
▲ソフトコーラルとクマノミ


190310 (46)
▲ハリセンボン

190310 (56)
▲ハリセンボン

190310 (59)
▲ハリセンボン

190310 (64)
▲しゃこ貝




...

スポンサーサイト
プロフィール

かたやん

Author:かたやん
障がいを理由にあきらめたくない!元バイクレーサーが次に選んだ挑戦!

出身地:兵庫県
趣味:登山、スキューバダイビング、旅行、釣り
仕事:経理事務

19歳の時、バイク事故を起こし、10日間意識不明の重体になりました。
奇跡的に意識は取り戻しましたが、主治医からは「左上半身は二度と動かない、右下半身は完全には曲がらない」と絶望的。

毎日、否定的に生きる私を変えたのは、病院で出会った小学生でした。
その小学生から『現実を受け入れて、最善の方法を選んで今を生きる』ことを教えられ、過酷なリハビリを決意。

度重なる手術と過酷なリハビリ末、奇跡が起き、事故から3年後、障がい者となりながらもバイクレースに復活。
そして、レースに参戦すること7年。
『障がい者でも表彰台に立つ。カラー2ページで特集される』
この2つの夢を叶えて引退。

引退後、仲間と登った槍ヶ岳(日本No.5:3,180m)登頂をきっかけに登山を開始。
事故から21年、腰の骨を左腕に移植するなど手術した回数は29回にもなりました。(2016年現在)

登山は私にとって簡単なスポーツではありません。
しかし、私が限界に挑戦する姿が、壁を越えようとしている人(特に障がいを持っている子供たち)に希望を与えていると知ったから私の挑戦には”意味がある!”そう思って、いろいろなことに挑戦を続けています。

====

最新記事
最新コメント
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: